イジメ     2016.6.21
今、イジメを根っこにした小説を執筆している。

様々な人がこのことに持論を持っている。
そして、様々な場所でそれを発信している。

全て間違いないことだと思う。
だから様々な場所でそれを公にする。
少なくとも一人は間違っていない講釈だ。
自分の言葉なんだから。

物事、良いか悪いかなんて視点を変えれば勝手に成立してしまう。

例えば戦争。

先日、多くの人を射殺した事件があった。
もちろん傷ましく辛く悲しい事件。
犯人は射殺された。
「人殺し」当然の報いだ。間違っていない。

同じ国が戦争をしている。
銃器をもって異国の人間を殺し続けている。
多くの人間を殺害する。
その功績を称え英雄になる。

人殺し。同じ行為だよ。同じ国だよ。
大義名分は良いだろう。その国のルール。

イジメも同じこと。
視点を変えてみる。

いじめる奴等。(必ず団体行動による)
いじめられる人。(必ず一人)
だから問題なんだ。

視点を変えよう。
いじめられている人が集団になれば良い。
そして同じ行為を奴らに返してやる。
いじめられっ子には勇気のいること。
だけど、一人では無い。仲間がいる。
それが一番大切なこと。
自分を大切にしなきゃ。
もっと自分を愛さなきゃ駄目。
自分を愛す=自分を守る。

一度、考えてごらん。
人間一人じゃないんだよ。
人間皆、血も涙も汗も心を持っている。
自分の心を愛さなきゃ駄目。
逃げない。
絶対に逃げては駄目。

言葉では駄目。
行動。それは一回り人間を大きくしてくれる。

怖いけどやってごらん。

必ず出来るから。
自分を責めちゃ駄目だよ。
自分を守って自分を愛さなきゃ。
逃げないで行動を起こしてごらん。

殴られたら殴る。
停学食らったっていいじゃん。
その分ハクがつくよ。
一回り大きな人間になって帰ってこれる(笑)。
もういじめられることは無いよ。

これもただ一人の俺の持論。(間違っていない 笑)

立ち上がれ!!


http://ranbukan.com
コラム一覧に戻る↑