憎     2011.5.23

憎い・・・とにかく憎い。
何が憎いのか分からない。
自分の心が脳がそれを教えない。

フッとした時、何かが見える。
でも、分からない。
教えてくれない。

今度は自分を責め始める。
分からない何かを追い続ける。
憎い、苦しい、辛い・・・。
正体を現さない。

怖くなる。今度は怖くなる。

知ることに対して怖くなる。
そうすると「何か」が見え始める。

「やめて!見せないで・・・」
向き合う自信がない。

泣き叫びたい。
心の重さに気づく。

全てを・・・泣いて、叫んで、のた打ち回り・・・
心の重りを軽くしたい。

おいで。
おいでよ、こっちの世界に。
怖がらずに、おいで。
全てが許されるところに。

全てを吐き出して、元に戻れば良い。
心を軽くしてまた元に戻れば良い。

元に、巣立って行けば良い。

コラム一覧に戻る↑